薄毛の原因を知ろう! | 自毛植毛は夢の技術?!コンプレックスを解消してくれるのです!
menu

薄毛の原因を知ろう!

倒れている瓶に入っている白い錠剤

自毛植毛というのはある意味では最終手段と言ってもいいでしょう。
できることなら薄毛の進行を途中で止める方がいいですからね。
そんな薄毛の原因というのはどういったところから来ているのでしょう。

薄毛の男性を見ていると、みな同じように前頭部と頭頂部が薄くなっているのがわかります。
それに対して、側頭部や後頭部は関係なくふさふさという場合がほとんどでしょう。
これにはどういった理由があるのでしょうか。

その薄毛はAGAと呼ばれる一種の病気だからです。
自毛植毛を行うに至るまでにそれを治療することができればそれに越したことはありません。
AGAの原因はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが頭皮の5aリアクターゼと言う酵素と結びつくことによってジヒドロテストステロンという名前の強力な男性ホルモンになってしまうところから起こります。
ジヒドロテストステロンというのは、脱毛指令と呼ばれる抜け毛を進行させる神経指令を出します。
その指令を受けた髪の毛はもれなく抜けてしまいます。
その時の頭皮の状態というのは非常に悪い状態です。
正常の状態の頭皮というのは秋の田んぼのようなものです。
水が張り、しっかりと栄養が行き届くような状態になっているものです。
しかしそれに対してAGAの時の頭皮というのは非常に劣悪な状態です。
冬の間の乾燥した田んぼといいったところでしょうか。
頭皮の血管が細くなることによって髪の毛に栄養が行き届かず、段々と髪の毛が細くなってしまいます。
そういった状態を改善する医薬品が「ミノキシジル」と「フィナステリド」と呼ばれるものになります。
AGAクリニックなどで処方してもらえるために、薄毛が気になる方は一度訪れてみてもいいのでは無いでしょうか。

またAGAの進行がひどい場合には自毛植毛で対応することが可能になります。
側頭部や後頭部の髪の毛は残っているでしょう。
その髪の毛を移植するだけですからね。