進化していく植毛技術 | 自毛植毛は夢の技術?!コンプレックスを解消してくれるのです!
menu

進化していく植毛技術

両手いっぱいに乗っている薬

FUT法というのは比較的昔からある技術です。
その内容というのは、頭皮の一部を切り取り、その中から健康な髪の毛を選別して移植するために定着率が比較的高いのが特徴です。
しかし、メスを使う施術法のために、どうしても頭皮に傷跡が残ってしまいます。
そういった傷跡が気になる方はあまりFUT法はおすすめできないかもしれません。

それに対して、FUE法というのは穴あけパンチのようなもので毛根をくり抜くものになります。
そこだけ聞くと少々グロテスクですが、心配する必要はありません。
痛みはほとんどありませんし、その傷跡もほとんど目立たないものです。

両者の違いについて語っていきたいと思います。
FUT法は比較的安いコストで受けることができる手術であり、髪の毛一株あたり1000円程度というのが相場です。
それに対してデリケートな作業が必要となるFUE法はその1.5倍から2倍のコストがかかってしまいます。
またFUT法では一度に多くの髪の毛を移植することが可能ですが、FUE法ではFUT法ほど多くの髪の毛を移植することは難しいです。
そのかわり傷跡がほとんど気にならないのは嬉しいところですし、メスを使わないということで、痛みも比較的少ないものになっています。

そういった自毛植毛技術の違いを知っておくことで、自分の髪の毛にそれを反映することができるのではないでしょうか。
もちろんクリニックなどで医師とよく相談してから決めることが大切になります。
自分にあった自毛植毛を一緒に考えてくれますよ。