他の薄毛対策との比較 | 自毛植毛は夢の技術?!コンプレックスを解消してくれるのです!
menu

他の薄毛対策との比較

ピンセットで挟まれている薬

日本人男性のほとんどが薄毛に悩まされる時代です。
そんな時代の流れもあり、様々な手段で髪の毛を増やす技術が増えています。
その中でも有名なものをいくつかピックアップして説明していこうと思います。

昔からある手段としては育毛がありますね。
最近の育毛技術というのは、家で簡単に対策をすることが可能なシャンプータイプのものから、専用の施設で有効成分を注入してもらうようなものまで多岐に渡ります。
シャンプーの場合は育毛効果が高いものは医薬品として扱われることもありますので、それだけ一般的なシャンプーに比べて値段が高いものになります。
また育毛メソセラピーやHARG療法と呼ばれるようなものもあります。
育毛メソセラピーというものは有効成分を頭皮に直接注入するもので、一回あたりおよそ7万円ほどの費用がかかるものです。
またHARG療法は幹細胞と呼ばれる万能細胞のようなものから抽出した因子を頭皮に注入するために、育毛メソセラピーと比較した場合にプラスで一万円から二万円程度かかってきます。

またかつらやウィッグで対策をしようとする人もいると思います。
かつらやウィッグというのはイメージするよりも高価なものであることが多く、およそ40万から80万円ほどかかります。
またメンテナンス費用がかかってくるためにどうしても追加でお金がかかってくるものです。
さらにかつらやウィッグというのは頭皮を蒸らす傾向にあります。
蒸れた頭皮というのはあまり髪の毛にいい影響を与えるとは言い難いものです。
そのために、かつらやウィッグを長く使っていく中で髪の毛がさらに少なくなり、ますます手放せなくなるということも多いです。
髪の毛を大事にするのならばあまりおすすめのものではないかもしれません。

自毛植毛は1000本の移植でおよそ80~90万円というのが相場といったところでしょうか。
そこだけ聞くと高いと感じるものですが、一度定着した髪の毛は一生モノです。
そのために、長い目で見るのならば自毛植毛は選択肢に入ってくるものではありませんか?