植毛が失敗した事例 | 自毛植毛は夢の技術?!コンプレックスを解消してくれるのです!
menu

植毛が失敗した事例

カラフルな薬各種

自毛植毛とは、薄毛が気になる部分に、まだ髪の毛が残っている部分から髪の毛を採取するということです。
そんな自毛植毛は髪の毛が定着さえしてしまえば、あとは半永久的に髪の毛が生え続けるものです。
定着率は高いのですが100%ではありません。
そのために、自分の髪の毛であっても失敗してしまう場合というのがあるのです。
それについて語っていきたいと思います。

自毛植毛の失敗例というのは主にふたつです。
一つが毛根が上手く定着しないということです。
自分の髪の毛とはいえ、移植する髪の毛が健康でない場合というのはどうしても失敗する確率が高くなってしまいます。
中には10%程度しか髪の毛が定着しないという人もいるほどです。
そういった失敗例から学べることは多いです。
つまりカウンセリングの段階で自分の髪の毛があまり健康なものでないのならば、失敗する可能性があるとうことをイメージできるからです。

また髪の毛を移植する際に、大きな傷跡が残ることがあります。
特に失敗というわけではないのですが、頭皮に目立つ傷が残ることは好ましいことではありませんよね。
そういった傷跡が植毛した部分に残ってしまった場合というのは、その髪の毛が抜けてしまうことがあります。
これを「ショックロス」といいます。
しかしそんなショックロスは人によって起こる起こらないがありますし、ショックロスが起こったとしても傷が快復次第髪の毛がまた生えてくるというものになります。